お祝いが違えばお礼の種類も変わる

お祝いごとにお礼としてお返しする贈り物が違うこと、ご存知ですか?引き出物と内祝いでは同じおめでたいことでも違いますから、この2つの違いをしいかり把握しておきましょう。

引き出物と内祝いの違い

引き出物

引き出物とは、結婚式などでゲストにお礼として贈るもののことで、新郎新婦の両家で用意します。贈る品の定番はタオルやお菓子、ペアの食器などが多いです。逆にタブーとされているのは、ナイフなどの切る意味などを持つ刃物、くし、靴などです。くしは苦死を連想させ、靴は踏みつけるという意味があるので避けるほうがベターです。

内祝い

内祝いは、結婚式に限らず、慶事の際に頂いたお祝いのお返しとして贈るものです。出産祝いや新築祝いなどでもお返しとして贈ります。お祝いをもらった本人がお礼としてお返しします。お菓子や食器などの実用性のあるものが選ばれています。

プレゼント

カタログギフトで引き出物

贈る方も受け取る方も嬉しい引出物がカタログギフトです。カタログギフトは、引き出物を受け取った方がカタログの中からほしい商品を選び、注文して宅配便で届けてもらえるシステムなので、相手の年齢や好みなどを配慮しなくていいので、引き出物を選ぶ時間を必要としません。結婚式の後の二次会に参加する時も荷物になったり邪魔になったりしません。結婚式の引出物で多いのがバウムクーヘンや食べ物などですが、甘いのが苦手だったりひとり暮らしで食べきれないという方もいます。せっかく送るのであれば喜ばれる贈り物をしたいですよね。

準備も楽

引き出物をカタログギフトにすると、引き出物をもらう側だけではなく贈る方もメリットがあります。それは準備の負担を軽くすることができますから、式の準備で忙しい時も引き出物を選ぶことに頭を悩ませたり、引き出物選びに時間を割いたりしなくてすみます。インターネットからカタログを注文できますから、引き出物の価格を決めて申し込み、何部必要なのか把握さえすれば簡単に注文できます。また、注文したカタログは宅配便で式場に送ることもできます。その際は式場に確認をして了承を得てから行いましょう。

カタログから選べる引き出物

カタログギフトから選べる引き出物の商品は、定番のタオルや食器、お菓子などがあります。他にもたくさんの日用品がカタログから注文できます。バラエティーに富んでいるので、中には高級な食材やファッションアイテム、有名ブランドのアイテムなど数多く取り揃えられています。他にも温泉チケットなどの引き出物もあるので大切な人への贈り物としてはぴったりですよね。カタログのラッピングデザインも和柄や洋柄が選べます。相手によって価格を変えたい時は、柄で区別をつけることができますし、準備の際の振り分けも楽にできますよね。

申し込みから受け取りまで

カタログギフトは申込みから宅配便で受け取るまで約1週間前後の時間を見積もっておきましょう。他にも交通状態や天候によっては遅れることもあるので余裕を持って注文しておきましょう。受け取り場所や受け取り日にちも指定できる宅配便業者もあるのでそういったことも考慮して申し込むことをおすすめします。

広告募集中